マイクロソフト・オフィス・スペシャリストとは【インターネットに関するパソコン資格】

Top >  インターネットに関するパソコン資格 >  マイクロソフト・オフィス・スペシャリストとは

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストとは

マイクロソフト オフィス製品の使用方法を指導する人と言えば、インストラクターなのですが、そのインストラクター向けの資格は「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」です。
このマイクロソフト オフィシャル トレーナーの実技試験には、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」が採用されているのです。


つまり「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」の資格を取得したい人は、まず「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の合格が必要となるということになります。
ワードのトレーナー資格が欲しい人は、ワードのスペシャリストの合格が必要で、エクセルのトレーナー資格が欲しい人は、エクセルのスペシャリストの合格が必要となります。


そのため、最新のバージョンが発売されるたびに、パソコン教室のインストラクターが受験するようです。
また、インストラクターの人達は、仕事の幅を広げるために、多くの科目(ワード、エクセル、パワーポイントなどのソフト)に挑戦していくようです。


マイクロソフト オフィス スペシャリストの試験レベルには、スペシャリストレベルと、エキスパートレベルがあります。
スペシャリストレベルと呼ばれるクラスは「マイクロソフト オフィス」の基本的な機能を使用して、効率よく事務を行うことができるレベルとなります。


エキスパートレベルでは、「マイクロソフト オフィス」を使いこなし、更に用途や目的に応じてパソコンとソフトの環境設定ができるだけでなく、高度な機能を駆使して事務をこなすことのできるレベルです。
つまり、エキスパートレベルともなると、日常業務におけるパソコンのスペシャリストと呼んでもいいかもしれません。

この記事のカテゴリーは「インターネットに関するパソコン資格」です。

パソコン初心者に向けたIC3資格の試験内容、「ITテラシー」に関する能力の評価やインターネットに関するパソコン資格の特徴について皆様にお伝えしています。

関連記事

IC3資格の学習内容

IC3資格と言うのは、パソコン初心者やソフトウェアは使いこなすことはできるけど、パソコンのハード面に関しての知識が少ないという人に、とてもお勧めの資格であるかと思います。 パソコンの初心者は、パソコン...

「ITテラシー」の能力と評価

パソコンを使用して、インターネットを使いこなせる能力のことを「ITテラシー」といいます。 このITテラシーの能力を客観的に評価し、ITテラシーの能力の高い人に対して認められる資格は「IC3」といいます...

マイクロソフト関連の実技試験とは

パソコン教室のインストラクターなどに、就職や転職を考えているのであれば、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を取っておきましょう。 このマイクロソフト オフィシャル トレーナーになる為には、...

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストとは

マイクロソフト オフィス製品の使用方法を指導する人と言えば、インストラクターなのですが、そのインストラクター向けの資格は「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」です。 このマイクロソフト オフィシ...

マイクロソフト関連の資格取得法

パソコンにおける、マイクロソフト関連のソフトと言うのは、世界中に普及しています。 そのマイクロソフトが主催となって、世界中で実施されている試験には「マイクロソフト オフィス ペシャリスト」という試験が...



パソコン資格の種類について

資格取得のための勉強方法

パソコンスクールでの学習情報

技術やスキルを伴うパソコン資格

技術やスキルを伴うパソコン資格(2)

技術やスキルを伴うパソコン資格(3)

能力を上げるパソコン資格とは

インターネットに関するパソコン資格


オンラインゲーム


関連サイト