「ITテラシー」の能力と評価【インターネットに関するパソコン資格】

Top >  インターネットに関するパソコン資格 >  「ITテラシー」の能力と評価

「ITテラシー」の能力と評価

パソコンを使用して、インターネットを使いこなせる能力のことを「ITテラシー」といいます。


このITテラシーの能力を客観的に評価し、ITテラシーの能力の高い人に対して認められる資格は「IC3」といいます。
ちなみに、IC3とは「Internet and Computing Core CertiFutureication」の略の事です。
IC3は、2002年に策定されて、ITテラシーの能力を客観的に評価することを目的とした、資格試験です。


パソコンを使いこなす能力といっても、その分野は多岐に渡ります。


パソコンが得意といっても、インターネットが得意であったり、ワープロソフトが得意であったり、その分野はさまざまです。
インターネットは十分に使えてもワープロソフトの操作ができない、という人もいると思います。
ネットサーフィンはいつも行っているが、OSについては全く分からないという人もいるはずです。
パソコンのソフトは使いこなすことができても、パソコンのセットアップやフリーズなどのトラブルに対処できない、という人も多いと思います。


IC3という資格は、パソコンのみならず、プリンタなどのハードウェアに関する知識も求められています。
もちろん、ウィンドウズの知識と操作方法に関する能力の高さも求めています。
ワープロソフトや、表計算ソフトに関するスキル、インターネットやネットワークに関する知識も必要となります。


IC3資格を取得するためには、さまざまなパソコン環境に適応できる能力と知識が必要となってきます。
また、パソコンにトラブルが発生した時の対処方法にも詳しくなくてはなりません。
そのため、IC3資格を所持していれば企業からも重宝されるため、就職や転職に有利といえます。

この記事のカテゴリーは「インターネットに関するパソコン資格」です。

パソコン初心者に向けたIC3資格の試験内容、「ITテラシー」に関する能力の評価やインターネットに関するパソコン資格の特徴について皆様にお伝えしています。

関連記事

IC3資格の学習内容

IC3資格と言うのは、パソコン初心者やソフトウェアは使いこなすことはできるけど、パソコンのハード面に関しての知識が少ないという人に、とてもお勧めの資格であるかと思います。 パソコンの初心者は、パソコン...

「ITテラシー」の能力と評価

パソコンを使用して、インターネットを使いこなせる能力のことを「ITテラシー」といいます。 このITテラシーの能力を客観的に評価し、ITテラシーの能力の高い人に対して認められる資格は「IC3」といいます...

マイクロソフト関連の実技試験とは

パソコン教室のインストラクターなどに、就職や転職を考えているのであれば、マイクロソフト オフィシャル トレーナーの資格を取っておきましょう。 このマイクロソフト オフィシャル トレーナーになる為には、...

マイクロソフト・オフィス・スペシャリストとは

マイクロソフト オフィス製品の使用方法を指導する人と言えば、インストラクターなのですが、そのインストラクター向けの資格は「マイクロソフト オフィシャル トレーナー」です。 このマイクロソフト オフィシ...

マイクロソフト関連の資格取得法

パソコンにおける、マイクロソフト関連のソフトと言うのは、世界中に普及しています。 そのマイクロソフトが主催となって、世界中で実施されている試験には「マイクロソフト オフィス ペシャリスト」という試験が...



パソコン資格の種類について

資格取得のための勉強方法

パソコンスクールでの学習情報

技術やスキルを伴うパソコン資格

技術やスキルを伴うパソコン資格(2)

技術やスキルを伴うパソコン資格(3)

能力を上げるパソコン資格とは

インターネットに関するパソコン資格


オンラインゲーム


関連サイト