DTP関連の資格取得法(2)【技術やスキルを伴うパソコン資格】

Top >  技術やスキルを伴うパソコン資格 >  DTP関連の資格取得法(2)

DTP関連の資格取得法(2)

DTPに関する資格の中で、日本経営協会が主催する資格試験は「DTP検定」と言います。


DTPとは「Desktop Futureing」の略の事で、パソコン上で印刷物のデザインを行うことを指します。
同じようなDTPに関する資格としては、「DTPエキスパート」と呼ばれる資格もあります。


DTP検定とDTPエキスパートの大きな違いと言うのは、DTPエキスパートが印刷関係の資格であるのに対し、DTP検定は全業種を対象としている所にあります。


DTP検定は、大きく分けて3つに分かれています。


まずプロフェッショナルDTPという資格があります。
この資格は、編集者やデザイナー、オペレータなどDTPのスペシャリストを対象とした資格となっています。
このような職種の人は、日常の業務においてパソコンを使用して、雑誌やカタログ、パンプレットなどのレイアウトをデザインしたり、印刷データを作成したり、という仕事をしています。


レイアウトの方法には、縦組みや横組みなどがあるのですが、これらに制限されることなく、レイアウトを自由に出来る能力が求められます。
また、写真データのスキャニングする技術や、スキャニング後の色調補正の技術、図版の作成力なども高いレベルで求められるようです。


また効率よくデザインするために、ソフトを上手に使いこなす技術も必要です。
DTPプロフェッショナルは、このような技術や知識を持つプロと言っていいでしょう。


そのため、DTPプロフェッショナルを受験するためには、実務経験が2年以上であることが必要となってきます。
または、DTP検定のうち下位クラスの検定の資格を取得していることが、受験条件となっています。

この記事のカテゴリーは「技術やスキルを伴うパソコン資格」です。

印刷物などのデザインや紙面構成を行うDTP関連の資格情報、3つに分かれたDTP検定の資格試験について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

DTP関連の資格取得法

パソコン上で、印刷物のデザインを行うスキルに対する資格といえば、プロフェッショナルDTPというものがありますが、プロフェッショナルDTPの下位には「ディレクションDTP」という資格もあります。 このデ...

DTP関連の資格取得法(2)

DTPに関する資格の中で、日本経営協会が主催する資格試験は「DTP検定」と言います。 DTPとは「Desktop Futureing」の略の事で、パソコン上で印刷物のデザインを行うことを指します。 同...



パソコン資格の種類について

資格取得のための勉強方法

パソコンスクールでの学習情報

技術やスキルを伴うパソコン資格

技術やスキルを伴うパソコン資格(2)

技術やスキルを伴うパソコン資格(3)

能力を上げるパソコン資格とは

インターネットに関するパソコン資格


オンラインゲーム


関連サイト