「Computer Aided Design」の利便性【技術やスキルを伴うパソコン資格(3)】

Top >  技術やスキルを伴うパソコン資格(3) >  「Computer Aided Design」の利便性

「Computer Aided Design」の利便性

CADシステムとは、図面を、パソコンを使用して書く、システムのことをいいます。


CADとは「Computer Aided Design」の略の事で、パソコンなどコンピューターの力を借りてデザインをする、といったところでしょうか。
CADは、とてもさまざまな分野で、使用されています。
土木建築、機械や自動車分野、電気、造船など、様々な分野で使用されています。


CADの種類は大きく分けて「汎用CAD」と「専用CAD」の2種類があります。


汎用CADとは、どの分野にも使用可能なCADのことで「Auto Cad」が代表的なCADといえるでしょう。
また服飾デザインや造園の設計、3Dの配管図面の作成など、ある一部の専門分野に特化した機能を持つCADを「専用CAD」と呼びます。


以前の設計では、製図用の紙に専用のペンを使用して設計を行っていました。
現在では、製図台がパソコンに変わってしまい、専用のペンはマウスに変わってしまいました。


CADの担当者には、どのような能力が求められるのでしょうか。


たとえば、機械関係や土木建築関係のCADオペレータは、単に円を描いたり、線を描いたりという能力を習得するだけでは不十分です。
既存の図面の意図するところを読み取る能力や、設計者が描いたスケッチを図面化する能力も求められます。


一方で、専門分野では設計者自らが、CADを駆使して図面を描くことも多いようです。
設計者にとっても、より優れた設計をするためには、CADを使いこなすことも必要になってくるのです。


CADに関する資格も、とても沢山あります。
これらの資格を取得すると、転職や就職に有利となるようですので、現在CADに携わっている人だけでなく、今後CAD分野の仕事をしたい人も積極的にチャレンジしてみましょう。

この記事のカテゴリーは「技術やスキルを伴うパソコン資格(3)」です。

CAD利用技術者試験の種類と作図能力の必要性、CAD関連の資格取得法と受験情報、ADシステムの機能と利便性について理解して、ぜひとも実践して下さい!

関連記事

CADシステムの基本知識

CAD利用技術者試験の資格には、1級と2級がありますが、いったい出題内容と言うのは、どのようになっているのでしょうか。 2級の試験範囲と言うのは、CADシステムの基本知識が問われます。 2次元や、3次...

「CAD利用技術者試験」について

パソコンを使用したCAD関連の資格の中に「CAD利用技術者試験」という資格があります。 CADに関係する資格の中でも、最もポピュラーな資格が「CAD利用技術者試験」であると言えるでしょう。 CAD利用...

ADシステムの高機能とは!?

最近では、CADシステムと言うのは、非常に高機能となっています。 パソコンの中だけで、図面を描く事だけではありません。 パソコンは多くの場合は、インターネットやLANに接続されていますので、これらのネ...

「Computer Aided Design」の利便性

CADシステムとは、図面を、パソコンを使用して書く、システムのことをいいます。 CADとは「Computer Aided Design」の略の事で、パソコンなどコンピューターの力を借りてデザインをする...



パソコン資格の種類について

資格取得のための勉強方法

パソコンスクールでの学習情報

技術やスキルを伴うパソコン資格

技術やスキルを伴うパソコン資格(2)

技術やスキルを伴うパソコン資格(3)

能力を上げるパソコン資格とは

インターネットに関するパソコン資格


オンラインゲーム


関連サイト