CAD関係の操作技術と特徴【技術やスキルを伴うパソコン資格(2)】

Top >  技術やスキルを伴うパソコン資格(2) >  CAD関係の操作技術と特徴

CAD関係の操作技術と特徴

Autodesk Masterの特徴としては、実務に関してすぐに役立つということが挙げられます。
実務に使用している、Auto CADやオートデスク製品を利用して、操作技術を学んでいくため、すぐに実際の業務に役立つというわけです。


Autodesk Masterの試験内容は、様々なレベルにわかれていて、2次元の作図を対象としている「2D Design」や「2D Expert」などがあります。
また、3次元の作図を対象としている「3D Design」や「3D Expert」などのクラスもあります。


自分のレベルに合わせて受験クラスを選定できることが、この資格の特徴であると思います。


Auto CADは、業界に標準CADということで、土木や建築分野、電気や機械分野など、いろいろな分野で利用されています。
しかし、Autodesk Masterの資格を持っているだけでは、CADオペレータとしての仕事には就けるわけではないようです。


以前ほど、CADオペレータという仕事の求人は多くないようです。
なぜなら、現在は設計者自らがパソコンのCADを駆使して設計図を作成してしまうからです。
そのため、2Dや3Dの資格以外にも、コンピュータグラフィックの技術など、プラスαの技術も必要であるようです。


自らパソコンを使用して設計している技術者にとっては、Autodesk Masterの資格を取得することで、能力のアップを図ってみてはどうでしょうか。
この資格を取得するためには、パソコンスクールに通学することが一番の近道であるようです。

この記事のカテゴリーは「技術やスキルを伴うパソコン資格(2)」です。

Auto CADやオートデスク製品を利用した操作技術や資格の特徴、CAD関係の資格取得法やCADオペレータの仕事内容についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

CAD関係の操作技術と特徴

Autodesk Masterの特徴としては、実務に関してすぐに役立つということが挙げられます。 実務に使用している、Auto CADやオートデスク製品を利用して、操作技術を学んでいくため、すぐに実際...

Auto CADの技術試験とは!?

パソコンを利用して図面を描く場合には、CADを使用することになるのですが、CAD市場の中で非常に高いシェアをしめているのが「Auto CAD」というソフトです。 このAuto CADは、オートデスク社...

CADオペレーターへの道

CAD関係の資格を取得して、CADオペレータを目指す人も、大勢の人がいるようです。 この、パソコンを使用した、CADオペレータはどのような仕事をするのでしょうか。 CADオペレータとは、設計者が描いた...



パソコン資格の種類について

資格取得のための勉強方法

パソコンスクールでの学習情報

技術やスキルを伴うパソコン資格

技術やスキルを伴うパソコン資格(2)

技術やスキルを伴うパソコン資格(3)

能力を上げるパソコン資格とは

インターネットに関するパソコン資格


オンラインゲーム


関連サイト