バッテリーの消費量と注意点【iPhoneの特徴と付属品の種類】

Top >  iPhoneの特徴と付属品の種類 >  バッテリーの消費量と注意点

バッテリーの消費量と注意点

iPhoneは発売前から話題にのぼっていましたが、バッテリーに関しては、発売当初かなり不安視されていたようです。
その理由として、iPhoneはかなり機能が多いので、どうしても消費が激しく、長時間どころか短時間すら持たないのではないか、充電感覚が狭くなってしまうのではないか、という指摘がなされていました。


しかし、いざ製品化されてみると、それは完全に懸念に終わりました。
バッテリー持続時間は、待ち受けで250時間、音楽再生で24時間、通話で8時間、動画再生で7時間、インターネット閲覧で6時間となっています。
これは、非常に長い持続時間です。


極端な話、1日に通話を30分程度しかせず、音楽機能もメール機能も使わず、動画やインターネットも見ないという人であれば、 一週間は充電しなくとも持つ計算になります。
これは従来の携帯電話と比較しても、全く遜色のない持続時間といえるでしょう。


そんなiPhoneのバッテリーは、「リチャージャブルバッテリー」というタイプのものを採用しています。
充電方法は、iPhone本体を付属のケーブルおよび電源アダプタを使用して、電源ソケットに差し込む事で充電するタイプのものです。


また、デバイスを付属のケーブルによって、コンピューターのポートに接続することでも、バッテリーの充電が可能です。


ただし、この際にはコンピューターの電源が入っており、なおかつスリープモードなどが開場されている状態の場合に限ります。
逆にそのような状態で接続した場合、バッテリーが放電するケースもあるので、注意が必要です。

この記事のカテゴリーは「iPhoneの特徴と付属品の種類」です。

別売りのアクセサリーの豊富な種類と機能の利便性、近接・輝度・加速度センサーの特徴と利点、バッテリー消費量の注意点についての分かりやすいまとめはこちらです!!

関連記事

付属品の種類と優れた機能

iPhoneには、いくつかの付属品や、別売りのアクセサリーが豊富に取り揃っています。 これらがないと、iPhoneの機能を十分生かせないというくらいです。 iPhoneを購入したら、これらの付属品がし...

センサー機能の利点とは!?

iPhoneの特徴のひとつとして、忘れてはならない点のひとつに、3つのセンサーが内蔵されていることがあげられます。 その3つのセンサーとは、「近接センサー」、「輝度センサー」、「加速度センサー」です。...

バッテリーの消費量と注意点

iPhoneは発売前から話題にのぼっていましたが、バッテリーに関しては、発売当初かなり不安視されていたようです。 その理由として、iPhoneはかなり機能が多いので、どうしても消費が激しく、長時間どこ...

タッチスクリーンの人気と特徴

iPhoneの最大の特徴と言えば、「タッチスクリーンの採用」という斬新さではないかと思います。 日本では、「ニンテンドーDS」というゲーム機がタッチスクリーン機能を採用し、爆発的な大ヒットとなりました...

スペック機能の魅力

従来の携帯電話と比較し、iPhoneのスペックに関しては、かなり優れていると言えます。 まず、OSはMac OS Xを採用しています。 アップル社の製品なので、当然といえば当然でしょう。 iPhone...



iPhoneの種類と携帯電話との比較

iPhone 3Gの特性について

iPhone機能の種類と操作方法

iPhone機能の種類と操作方法(2)

iPhone機能の種類と操作方法(3)

iPhoneの便利なアイテムと活用法

iPhoneの特徴と付属品の種類


オンラインゲーム


関連サイト