機能の充実性と価格の低下【iPhone 3Gの特性について】

Top >  iPhone 3Gの特性について >  機能の充実性と価格の低下

機能の充実性と価格の低下

2008年、日本では『iPhone 3G』の発売によって、iPhoneにひとつの大きな転機が訪れました。


この3Gというのは、要領の事ではなく、「3Gテクノロジー」という通信技術の事です。
これを搭載する事で、iPhoneは周波数帯が増え、パフォーマンスも向上できたのです。


この『iPhone 3G』の発売は、アップル社にとって3つの狙いがあるといわれています。


まず1つは、価格の抑制です。
従来のiPhoneは、8GBモデルが399ドル、16GBモデルが499ドルでした。
日本円だと、大体40,000円と50,000円の価格になります。


しかし、『iPhone 3G』の価格は、なんと、8GBモデルが199ドル、16GBモデルが299ドルです。
これまでのほぼ半額で購入できるのです。
これは、少々異常とも言える価格の低下ですよね。


iPhoneは、タッチパネル機能やiPodといった、非常に個性的で優れた機能を有している携帯電話です。
しかしながら、機能の充実と引き換えに、価格的にやや高めである事は否めませんでした。


新品の携帯電話が40,000円や50,000円というのは、現在の市場からしたらそこまで高いというわけでもないと思います。
しかし現代社会では、ほとんどの人が携帯電話を所持しており、機種変更の場合はかなり安価で新しい機種が購入できる時代です。
そこで、これまでの携帯を捨て、iPhoneに乗り換えるという場合、40,000円や50,000円は高く感じてしまう訳です。


『iPhone 3G』の価格は、そういった声を受けての事だったのでしょう。

この記事のカテゴリーは「iPhone 3Gの特性について」です。

iPhone 3Gに関する日本での販売状況、従来のiPhoneと3G搭載後の機能の変化や特徴、機種の種類で変わる価格の相場についてまとめてみました。

関連記事

従来のiPhoneと3G搭載の違い

先頃、iPhoneに3Gが搭載された事で、事実上、日本での使用が可能となりました。 これまではGSMの提供されていない地域では、iPhoneの通話は不可能だったのだが、3G対応になった事で、日本でも通...

従来のiPhoneと3G搭載の違い(2)

先頃発売された『iPhone 3G』と、従来のiPhoneには、大きな違いがいくつもあります。 まず、なんと言っても価格でしょう。 8GB/16GBの価格は、それまでのiPhoneが399ドル/499...

機能の充実性と価格の低下

2008年、日本では『iPhone 3G』の発売によって、iPhoneにひとつの大きな転機が訪れました。 この3Gというのは、要領の事ではなく、「3Gテクノロジー」という通信技術の事です。 これを搭載...



iPhoneの種類と携帯電話との比較

iPhone 3Gの特性について

iPhone機能の種類と操作方法

iPhone機能の種類と操作方法(2)

iPhone機能の種類と操作方法(3)

iPhoneの便利なアイテムと活用法

iPhoneの特徴と付属品の種類


オンラインゲーム


関連サイト