iPhoneの種類と容量の違い【iPhoneの種類と携帯電話との比較】

Top >  iPhoneの種類と携帯電話との比較 >  iPhoneの種類と容量の違い

iPhoneの種類と容量の違い

iPhoneが発売された当初は、「8GB」と「16GB」の2種類がありました。
この「GB(ギガバイト)」というのは、容量の事です。


GBの数字が多いほど、たくさんの音楽や画像ファイルなどを入れる事ができます。
値段に関しては、容量が大きいほど高くなります。


また、機能自体はどちらも変わりません。
どちらのタイプがいいか、自分の用途を考慮した上で、決めると良いでしょう。


カラーリングは、8GBタイプだとブラックのみ、16GBだとブラックとホワイトがあります。
これは、随時新しい色が追加されるでしょう。
色で携帯を選ぶという事も結構あるので、この辺は重要ですからね。


また、iPhoneの姉妹版といった感じで、「iPod touch」というアイテムがあります。
このiPod touchは、iPhoneから通話機能やカメラ、SMS、スピーカーなどを除去したものなので、携帯電話ではありませんね。
その代わり、メール等の機能は付いているので、コミュニケーションを取る事ができます。


これだけ見ると、既に携帯電話を持っている人は、わざわざiPhoneを買わず、iPod touchがあれば事足りるように思われますが、iPhoneは快適なウェブブラウズが可能であったり、パソコン用のメールアドレスが使えたり、iTunesによってパソコンのデータと同期する事ができたりします。
煩わしい部分が、かなりなくなるわけです。

ただ、iPhone特有の機能にあまり意味を見出せない人は、iPod touchを購入する事をお勧めします。

この記事のカテゴリーは「iPhoneの種類と携帯電話との比較」です。

様々なキーの特性やタッチパネルの魅力、iPhone導入に向けたソフトバンク社の戦略、外観とスクリーンの人気について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

日本でのiPhoneの人気とは!?

iPhoneが日本に上陸した事で、これまでの携帯電話とiPhoneとを比較する動きが各地で頻繁に行われていました。 iPhoneと従来の携帯電話の間には、当然ながら大きな差があります。 一番は、iPh...

iPhone導入と販売までの流れ

iPhoneに3Gが搭載されたという話が出てから、日本の大手携帯電話会社の間では、水面下でキャリア争奪が行われてきました。 その結果、日本でiPhoneを発売するのは、ソフトバンクに決定したのです。 ...

外観とスクリーンの魅力

iPhoneの外観は、パッと見ただけなら、他のスライド式携帯電話と大してかわらないように見えます。 ただ、iPhoneにはキーパッドがないので、通常のスライド式携帯電話よりは、若干薄く感じられることで...

iPhoneの種類と容量の違い

iPhoneが発売された当初は、「8GB」と「16GB」の2種類がありました。 この「GB(ギガバイト)」というのは、容量の事です。 GBの数字が多いほど、たくさんの音楽や画像ファイルなどを入れる事が...

iPhoneについて

2007年6月29日のことです。 アメリカのとある人だかりに向けて、各テレビ局が一斉にカメラを向けていたのをニュースか何かで見た記憶はありませんか? そこで、カメラを向けられた人たちが手にしていた物が...



iPhoneの種類と携帯電話との比較

iPhone 3Gの特性について

iPhone機能の種類と操作方法

iPhone機能の種類と操作方法(2)

iPhone機能の種類と操作方法(3)

iPhoneの便利なアイテムと活用法

iPhoneの特徴と付属品の種類


オンラインゲーム


関連サイト