iPhoneの起動操作【iPhone機能の種類と操作方法】

Top >  iPhone機能の種類と操作方法 >  iPhoneの起動操作

iPhoneの起動操作

iPhoneを購入した際、購入当初はスリープ状態になっています。
iPhoneを起動させるためには、まずこれを解除する必要があります。


解除するためには、本体の上部側面にあるスリープボタンを押す事で、それが可能になります。
スリープボタンを押すと、iPhoneの待ち受け画面が出てきます。


ただ、この時点ではまだ操作ができません。
なぜなら、本体の操作がロックされているからです。


ロック解除を行うには、指で画面上のスイッチをスライドする必要があります。
画面の下部に、そのスライドスイッチがあるので、それをスライドさせて見ましょう。
ここでタッチパネルについて、ある程度実感が沸くかと思います。


これで、起動操作は完了です。
ロックを解除すると、各機能へのアクセスを行うホーム画面が出現します。


各機能へのアクセスは、それぞれのボタンをタッチする事で可能です。
例えば、電話の場合は画面下部の『Phone』と記された、受話器のボタンを押せばOKです。
下部には良く使用される電話、メール、ウェブ、iPodの4つのボタンが配置されています。


一方、画面上部にはウィジェット機能のボタンが並んでいます。
Text(SMS)、Calendar(カレンダー)、Camera(カメラ)、Maps(地図) 、Weather(天気情報)、Clock(時計)などが配置されています。


このホーム画面が、iPhone操作の中心となります。
なお、本体下部のホームボタンを押せば、いつでもこの画面に戻ってこられるので、どんどん活用していきましょう。

この記事のカテゴリーは「iPhone機能の種類と操作方法」です。

iPhoneメールとパソコンメール機能の比較やウェブ機能の操作内容、タッチパネルによる電話機能の使い方、iPhoneにおけるカバーフローの利便性についての読みやすいレポートです。

関連記事

メールとウェブ機能の操作内容

iPhoneにはメール機能もついていて、POP3やIMAPのメールサービスに対応しています。 したがって、HTML方式のテキストメールでも、そのまま表示されます。 パソコンのメール機能と比較しても、同...

電話機能の呼び出し方

iPhoneで電話機能を使用したいときは、ホーム画面の下部にある『Phone』ボタンを押します。 これによって、電話機能が呼び出されます。 ボタンをタッチすると、まずアドレス帳が表示されます。 同時に...

iPhone機能の利便性

先頃発売されたiPhoneの機能は、今までのiPodの機能を超えていると、指摘する声を耳にします。 その理由のひとつが、「カバーフロー」です。 iPhoneでは、音楽の再生中に携帯を横向きに倒してみる...

iPhone機能の利便性(2)

iPhoneのメインコンテンツともいえる「iPod機能」は、ホーム画面上の『iPod』ボタンを押すことで、簡単に開く事ができます。 ボタンを押すと、画面の下部にいくつかのボタンが並びます。 プレイリス...

iPhoneの起動操作

iPhoneを購入した際、購入当初はスリープ状態になっています。 iPhoneを起動させるためには、まずこれを解除する必要があります。 解除するためには、本体の上部側面にあるスリープボタンを押す事で、...



iPhoneの種類と携帯電話との比較

iPhone 3Gの特性について

iPhone機能の種類と操作方法

iPhone機能の種類と操作方法(2)

iPhone機能の種類と操作方法(3)

iPhoneの便利なアイテムと活用法

iPhoneの特徴と付属品の種類


オンラインゲーム


関連サイト