iPhone導入と販売までの流れ【iPhoneの種類と携帯電話との比較】

Top >  iPhoneの種類と携帯電話との比較 >  iPhone導入と販売までの流れ

iPhone導入と販売までの流れ

iPhoneに3Gが搭載されたという話が出てから、日本の大手携帯電話会社の間では、水面下でキャリア争奪が行われてきました。
その結果、日本でiPhoneを発売するのは、ソフトバンクに決定したのです。
ソフトバンクにとっては、これで更に若年層へのアピールができると踏んでの、契約と言えるでしょう。


ソフトバンクは、孫社長の徹底的なイメージ戦略で、ここ数年飛躍的な業績を上げている会社として知られています。
よって、今更説明は不要でしょうが、ソフトバンクホークスや白い犬を起用した奇抜なCMなど、その宣伝には常に力を注いでいます。


アップル社との契約も、当然そこが狙いだったのでしょう。
購入希望者の行列を作ったiPhoneを、日本においてはソフトバンクが売っている、というステータスがまず第一に欲しかったのだろうと推測できます。


そんなソフトバンクが売り出す、日本のiPhoneの機能は、基本的にはアメリカで販売されている物と何ら変わりはありません。
もちろん、今後更に日本人向けとなるサービスや機能を、随時追加していく事になるかと思います。
いずれにしても、ソフトバンクは非常に野心的で、企業としては優れた姿勢を貫いていると言えます。


それに対し、今回参入しつつも結果的には見送ったドコモは、どうも方向性を模索している最中といった印象です。
今後、これまでの地盤を固めることを重視していくのか、あるいは自身の携帯を更なるステージへ持っていくことに尽力するのか(恐らく前者ではあると思いますが)、注目せざるを得ません。

この記事のカテゴリーは「iPhoneの種類と携帯電話との比較」です。

様々なキーの特性やタッチパネルの魅力、iPhone導入に向けたソフトバンク社の戦略、外観とスクリーンの人気について解説していますのでご覧になって下さい。

関連記事

日本でのiPhoneの人気とは!?

iPhoneが日本に上陸した事で、これまでの携帯電話とiPhoneとを比較する動きが各地で頻繁に行われていました。 iPhoneと従来の携帯電話の間には、当然ながら大きな差があります。 一番は、iPh...

iPhone導入と販売までの流れ

iPhoneに3Gが搭載されたという話が出てから、日本の大手携帯電話会社の間では、水面下でキャリア争奪が行われてきました。 その結果、日本でiPhoneを発売するのは、ソフトバンクに決定したのです。 ...

外観とスクリーンの魅力

iPhoneの外観は、パッと見ただけなら、他のスライド式携帯電話と大してかわらないように見えます。 ただ、iPhoneにはキーパッドがないので、通常のスライド式携帯電話よりは、若干薄く感じられることで...

iPhoneの種類と容量の違い

iPhoneが発売された当初は、「8GB」と「16GB」の2種類がありました。 この「GB(ギガバイト)」というのは、容量の事です。 GBの数字が多いほど、たくさんの音楽や画像ファイルなどを入れる事が...

iPhoneについて

2007年6月29日のことです。 アメリカのとある人だかりに向けて、各テレビ局が一斉にカメラを向けていたのをニュースか何かで見た記憶はありませんか? そこで、カメラを向けられた人たちが手にしていた物が...



iPhoneの種類と携帯電話との比較

iPhone 3Gの特性について

iPhone機能の種類と操作方法

iPhone機能の種類と操作方法(2)

iPhone機能の種類と操作方法(3)

iPhoneの便利なアイテムと活用法

iPhoneの特徴と付属品の種類


オンラインゲーム


関連サイト