従来のiPhoneと3G搭載の違い(2)【iPhone 3Gの特性について】

Top >  iPhone 3Gの特性について >  従来のiPhoneと3G搭載の違い(2)

従来のiPhoneと3G搭載の違い(2)

先頃発売された『iPhone 3G』と、従来のiPhoneには、大きな違いがいくつもあります。


まず、なんと言っても価格でしょう。
8GB/16GBの価格は、それまでのiPhoneが399ドル/499ドルだったのに対し、『iPhone 3G』は199ドル/299ドルという、非常に購入しやすい価格になって販売されたのです。
何故ここまでの価格の抑制が可能になったかというと、アップル社と電話会社のAT&Tの間で、新たな契約が結ばれたからだと言われています。


それまでは月々の通話料の一部を、AT&Tからアップル社に支払うという契約だったのに対し、『iPhone 3G』に関しては通常のモデルと同じく、本体価格の一部を電話会社が負担し、その代わり通話料は全て電話会社が受給するようになったという事です。


これには、アップル社のiPhoneに対する、期待の変化が現れています。
『iPhone 3G』を世界全土に広める場合、特異な方式はあまり歓迎されていません。


通常と同じく、インセンティブ方式にする事で、世界基準を満たしたという事になります。
同時に、本体価格を下げる事で、新規購入者への敷居を低くしたのです。


これまでのiPhoneには、少なからず本体の価値への絶対的な自信が伺えました。
正確に言うと、iPod機能をはじめとする通話以外の機能への、自信とでも言いましょうか。
他の携帯電話機能とは一線を画しているという自負が、値段設定や契約に現れていました。


しかし、やはり最終的にはもっと世界へ広げて行こうという目標の方が、優先されるべきと判断されたようですね。


従来のiPhoneが国内向けモデルだとしたら、『iPhone 3G』は世界基準で登場させたと言えます。
これはユーザーが感じるというより、アップル社の意図するところの違いです。

この記事のカテゴリーは「iPhone 3Gの特性について」です。

iPhone 3Gに関する日本での販売状況、従来のiPhoneと3G搭載後の機能の変化や特徴、機種の種類で変わる価格の相場についてまとめてみました。

関連記事

従来のiPhoneと3G搭載の違い

先頃、iPhoneに3Gが搭載された事で、事実上、日本での使用が可能となりました。 これまではGSMの提供されていない地域では、iPhoneの通話は不可能だったのだが、3G対応になった事で、日本でも通...

従来のiPhoneと3G搭載の違い(2)

先頃発売された『iPhone 3G』と、従来のiPhoneには、大きな違いがいくつもあります。 まず、なんと言っても価格でしょう。 8GB/16GBの価格は、それまでのiPhoneが399ドル/499...

機能の充実性と価格の低下

2008年、日本では『iPhone 3G』の発売によって、iPhoneにひとつの大きな転機が訪れました。 この3Gというのは、要領の事ではなく、「3Gテクノロジー」という通信技術の事です。 これを搭載...



iPhoneの種類と携帯電話との比較

iPhone 3Gの特性について

iPhone機能の種類と操作方法

iPhone機能の種類と操作方法(2)

iPhone機能の種類と操作方法(3)

iPhoneの便利なアイテムと活用法

iPhoneの特徴と付属品の種類


オンラインゲーム


関連サイト