WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法【イントラネットの構築方法】

Top >  イントラネットの構築方法 >  WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法

WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法

社内にイントラネットを導入する際、まずはイントラネットを構築する必要があります。


イントラネットはインターネットと同じシステムを利用して、社内で構築していきます。
企業内という狭いエリアの中で、情報伝達をスムーズ行える環境を作ることができます。


イントラネットの利用方法は簡単で、通常のインターネットと同じ感覚で利用するのですが、閲覧できる情報は、社内ネットワーク上に掲載された情報のみになります。
そのため、社内ネットワーク上に、情報を掲載するためのホームページなどを作成することになります。


イントラネット構築の仕組みに関しては、難しいイメージがあるかと思いますが、実は意外と簡単な仕組みによって構築されています。
繋ぎたいパソコンを、LANケーブルでつないでいくのです。


後は、イントラネットの大元で「Webサーバー」になっているパソコンに対して、LANケーブルで繋いだパソコンがホームページや情報を見る事が出来るためのソフトをインストールします。
これで、イントラネットの構築が完了します。


「Webサーバー」とは、情報を掲載するための情報や、ソフトが入っている大元のパソコンのことをさします。
また、LANケーブルで繋がっているパソコンの事を、「クライアント」と呼んでいます。


Webサーバーに関しては、1台のパソコンを使って構築する事になります。
クライアントに対しては、複数台繋げる事が出来ます。


Webサーバーの設定に関しては、ある程度パソコン知識がある人が作業をした方がよいでしょう。
自分達でWebサーバーの設定を行う事で、万が一トラブルが発生しても把握しているので、直ぐに処置できるかと思います。

この記事のカテゴリーは「イントラネットの構築方法」です。

イントラネットを導入する際に必要な基本的な構築方法をはじめ、Webサーバーやクライアントの設定などを、分かりやすく説明しています。

関連記事

WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法

社内にイントラネットを導入する際、まずはイントラネットを構築する必要があります。 イントラネットはインターネットと同じシステムを利用して、社内で構築していきます。 企業内という狭いエリアの中で、情報伝...

社内の情報共有システムをスムーズに

社内通信を効率化するためにイントラネットを導入する際、まずはWebサーバーやクライアントの設定など、イントラネットができる環境を作らなければなりません。 イントラネットが出来る環境が整ったら、今度は「...

ファイアウォール設置のすすめ

インターネットの技術を利用して、社内でネットワークを行うことを「イントラネット」と言い表します。 イントラネットのintraは「内部の」、netは「ネットワーク」ということで、「内部のネットワーク」の...

Webサービスの利用法

「Webサービス」は、イントラネットでのサービスになりますが、元々はインターネット上に表示されているホームページを活用することが少なくありません。 それと同じ仕組みで、イントラネット上にWebサーバー...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト