Webサービスの利用法【イントラネットの構築方法】

Top >  イントラネットの構築方法 >  Webサービスの利用法

Webサービスの利用法

「Webサービス」は、イントラネットでのサービスになりますが、元々はインターネット上に表示されているホームページを活用することが少なくありません。
それと同じ仕組みで、イントラネット上にWebサーバーを作って、社内専用として実現する事が可能です。


社内でイントラネットを利用している人は、インターネットやイントラネットの区別はなくて、あたかもインターネットで見るのと同じ様な感覚で、情報を取得出来るメリットを感じていることでしょう。


このように情報の共有ついては、イントラネットで使われる「ファイルサーバー」と同様になります。
Webサービスでは他にソフトウェアを使うことがなく、ブラウザさえあれば情報を取得する事が出来るので、コスト面においてもメリットが得られます。


Oracleデータベースを搭載したり、Microsoft SQL Serverを搭載したりして、Webサーバーを構築している会社が多いようです。


少し前までは、イントラネットにおいてWebサービスは、あまり普及していないでオプション的な感覚がありました。
しかし現在においては、どの会社もがWebサービスを導入しているほど主流なサービスになっています。


イントラネットにおいては、より便利に使えるように様々な工夫がされていますが、今後、セキュリティ面や便利面などから、ますます発展していくのではないかと予測しています。

この記事のカテゴリーは「イントラネットの構築方法」です。

イントラネットを導入する際に必要な基本的な構築方法をはじめ、Webサーバーやクライアントの設定などを、分かりやすく説明しています。

関連記事

WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法

社内にイントラネットを導入する際、まずはイントラネットを構築する必要があります。 イントラネットはインターネットと同じシステムを利用して、社内で構築していきます。 企業内という狭いエリアの中で、情報伝...

社内の情報共有システムをスムーズに

社内通信を効率化するためにイントラネットを導入する際、まずはWebサーバーやクライアントの設定など、イントラネットができる環境を作らなければなりません。 イントラネットが出来る環境が整ったら、今度は「...

ファイアウォール設置のすすめ

インターネットの技術を利用して、社内でネットワークを行うことを「イントラネット」と言い表します。 イントラネットのintraは「内部の」、netは「ネットワーク」ということで、「内部のネットワーク」の...

Webサービスの利用法

「Webサービス」は、イントラネットでのサービスになりますが、元々はインターネット上に表示されているホームページを活用することが少なくありません。 それと同じ仕組みで、イントラネット上にWebサーバー...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト