ネット導入の際の留意点【社内で活かすイントラネットの使い方】

Top >  社内で活かすイントラネットの使い方 >  ネット導入の際の留意点

ネット導入の際の留意点

イントラネットを導入する際、メリットばかり重視していると、留意しなければならない点を見過ごしてしまう可能性があります。
導入後に、「失敗した」「考えてなかった」などと、後悔しないように注意しましょう。


今回は、イントラネットを導入する際の留意点を挙げていきますので、ぜひご参考ください。


【自社システムの把握】
自分の会社で取り入れているシステムの現状を、把握しておく必要があります。
現状を把握したうえで、イントラネットを導入するメリット、どういう情報を共有するために導入するのか、導入する必要が本当にあるのかなどを考える必要があります。


【インターネットの事を考える】
イントラネットを導入する上で、利用者は各自インターネットの事を理解しておいたほうが良いでしょう。
イントラネットは、簡単に言えば「インターネットの狭い版」と考えてくれれば良いので、せめてメールの送受信程度は使いこなせるようにしておきたいものです。


【アドバイザー】
イントラネットを導入する上で、従来あるシステムに凝り固まっていては、有効的に使う事が出来ません。
よって、別の視点で見る事が出来るアドバイザー的な人がいると、いろいろな有効的利用方法を教えてもらえるかもしれません。


【セキュリティ】
セキュリティに関しては、とても大切な事なので常に注意が必要です。
イントラネットは外部(インターネット)と接続されているため、外部からも侵入される可能性があります。
外部と遮断できるように、セキュリティをしっかりしておく必要があります。

この記事のカテゴリーは「社内で活かすイントラネットの使い方」です。

社内にイントラネットを導入した際、利便性だけではなくトラブル時の対処法や、セキュリティの必要性など、基本的なアドバイスをしています。

関連記事

社内の情報伝達を円滑に

イントラネットの仕組みを、社内やローカルな範囲内で構築することによって、下記のようなことも可能になります。 ・社内で情報伝達を行う際に、一斉に送る事が出来るため、情報が遅れることはなくなります。 ・同...

知識が豊富な人材をキーマンにする

社内の情報伝達を円滑にするために、イントラネットを導入して構築したり、情報共有システムをセットアップして環境を整えたところで、誰もイントラネットを利用しないのであれば全く意味がありませんよね。 今まで...

イントラネットサーバーの説明と機能

皆さんは、「イントラネットサーバー」という言葉をご存知ですか? イントラネットサーバーを簡単に説明すると、インターネットサーバーにおける技術を利用して、それを応用して出来たサーバーということになります...

ネット導入の際の留意点

イントラネットを導入する際、メリットばかり重視していると、留意しなければならない点を見過ごしてしまう可能性があります。 導入後に、「失敗した」「考えてなかった」などと、後悔しないように注意しましょう。...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト