知識が豊富な人材をキーマンにする【社内で活かすイントラネットの使い方】

Top >  社内で活かすイントラネットの使い方 >  知識が豊富な人材をキーマンにする

知識が豊富な人材をキーマンにする

社内の情報伝達を円滑にするために、イントラネットを導入して構築したり、情報共有システムをセットアップして環境を整えたところで、誰もイントラネットを利用しないのであれば全く意味がありませんよね。


今まで良しとしていたシステムからイントラネットに切り替えるのですから、使いこなせるようになるまで時間は掛かるし、暫くは面倒だと感じるかもしれません。


それはイントラネットに限ることではなく、新しいシステムを導入するときは慣れないこと続きで手探り状態ですから、当然トラブルも発生しやすく一時的に効率も落ちるでしょう。
しかし何回か使っていくうちに、効果的な使い方を必ず習得していきます。


イントラネットの使い方がなかなか覚えられないからと投げ出して元のシステムに戻してしまっては、意味がありません。


イントラネットは、システムの構築自体がメインではありません。
その後の運用が重要な役割を持っていることを、忘れないようにしましょう。


では、イントラネットの運用効果を上げるためには、どのような点を考慮していけばよいのでしょうか。
ここでは、必要と思われる要素をいくつか挙げてみたいと思います。


まず、導入したシステムを運用できる知識が豊富なキーマンを作っておくことです。
また、運用に関するルールを設定し、使いやすさをどんどんアピールしていくようにしましょう。


効果に関して「何故効果が上がらないのか」「どうして効果が上がったのか」などを客観的に見て判断出来る人も必要です。
さらに、しっかりしたセキュリティも導入しておいた方が、運用がスムーズにいき効果的になるでしょう。

この記事のカテゴリーは「社内で活かすイントラネットの使い方」です。

社内にイントラネットを導入した際、利便性だけではなくトラブル時の対処法や、セキュリティの必要性など、基本的なアドバイスをしています。

関連記事

社内の情報伝達を円滑に

イントラネットの仕組みを、社内やローカルな範囲内で構築することによって、下記のようなことも可能になります。 ・社内で情報伝達を行う際に、一斉に送る事が出来るため、情報が遅れることはなくなります。 ・同...

知識が豊富な人材をキーマンにする

社内の情報伝達を円滑にするために、イントラネットを導入して構築したり、情報共有システムをセットアップして環境を整えたところで、誰もイントラネットを利用しないのであれば全く意味がありませんよね。 今まで...

イントラネットサーバーの説明と機能

皆さんは、「イントラネットサーバー」という言葉をご存知ですか? イントラネットサーバーを簡単に説明すると、インターネットサーバーにおける技術を利用して、それを応用して出来たサーバーということになります...

ネット導入の際の留意点

イントラネットを導入する際、メリットばかり重視していると、留意しなければならない点を見過ごしてしまう可能性があります。 導入後に、「失敗した」「考えてなかった」などと、後悔しないように注意しましょう。...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト