イントラネットの今までの軌跡【イントラネットの利便性と関連知識】

Top >  イントラネットの利便性と関連知識 >  イントラネットの今までの軌跡

イントラネットの今までの軌跡

最近ではインターネットをやっている人ならば「イントラネット」も知っている知名度は高くなっているようですが、元々は「インターネット」の言葉が定着したことを受けて、登場した言葉なのです。


当初イントラネットは、「LAN」や「WAN」などのメーカーごとに設定されていた、独自のプロトコルを使用していました。
それに対して、インターネットで使われている通信プロトコル「TCP/IP」「FP」を取り入れて、汎用的にシステム構築して導入するようになり、しかも低価格化で実現させることが目的でした。


イントラネットを導入し始めた頃は、「汎用コンピュータ」、「オフコン」と言ったメインフレームがとても高価なものでした。
よって、導入には困難を極めるかと思ったのですが、比較的安価で導入しやすい通信機器の方から取り入れるようになったようです。


当時のコンピュータ類がモデルチェンジする際、インターネットで標準化されていた「10BASE」というインターフェイスを標準で搭載するようにしました。
インターフェイスに関しては共通化されることになるので、メーカーを問わず通信が簡単になった分、コストを抑えることができるようになったのです。


また、Windows3.1以降、パソコンが一般的に普及してきたことに伴い、さらに低価格化が進んできたようです。


最初のうちイントラネットは、同一社内におけるパソコンやコンピュータの通信のみに限られていました。
しかし、光モデムなどが開発されたため、物理的に離れた場所とでも通信が可能になったのです。
このように、現在のイントラネットの基盤が出来あがって来たのです。

この記事のカテゴリーは「イントラネットの利便性と関連知識」です。

イントラネットは社内に限らず、いまや家庭内や地域社会のコミュニケーションツールとしても活躍しています。その利用法などをご紹介しています。

関連記事

ネットに関する専門用語のご紹介

現在は、インターネットやイントラネットのほかにも、「イーサネット」、「エクストラネット」、「WAN」など沢山のパソコン用語がありますが、それぞれどのような働きをしているか、皆さんはお分かりでしょうか。...

イントラネットの今までの軌跡

最近ではインターネットをやっている人ならば「イントラネット」も知っている知名度は高くなっているようですが、元々は「インターネット」の言葉が定着したことを受けて、登場した言葉なのです。 当初イントラネッ...

家庭内の伝達にも役立つネットワーク

日本では核家族化が進んでいるうえに、親は共働きで子供は習い事をしている家族も多く、平日は家族団らんで食卓を囲む機会がなかなか持てないご家庭が少なくありません。 このような状況が日常的になると、親と子の...

地域内の掲示板として大活躍

物を買うときに、店員さんなどに色々アドバイスを受けることになって、何故かその気になって商品を買ってはみたものの、暫くして後悔の念が押し寄せてきた経験はありませんか? お店に行かずに、欲しい物や興味のあ...

インターネットの将来性

現代社会においてインターネットは、私達の生活の中でも必要不可欠な存在となっています。 インターネットが普及する前は、何かを調べるたびに手間や時間がかかっていましたが、インターネットが浸透してからは簡単...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト