社内の情報共有システムをスムーズに【イントラネットの構築方法】

Top >  イントラネットの構築方法 >  社内の情報共有システムをスムーズに

社内の情報共有システムをスムーズに

社内通信を効率化するためにイントラネットを導入する際、まずはWebサーバーやクライアントの設定など、イントラネットができる環境を作らなければなりません。
イントラネットが出来る環境が整ったら、今度は「情報共有システム」を構築する必要があります。


「情報共有システム」とは、サーバーと呼ばれる1台のパソコンを情報発信基地として、情報をサーバーに入れます。
サーバー上に入っている情報を、複数のパソコンで共有することをさします。


社内の情報を共有することで、同じ資料を複数のパソコン上に置くこともなくなり、無駄をなくして効率的な環境へと改善してくれます。


このように、仕事上の情報管理をスムーズにするために、極力無駄を省くことを目的としたソフトウェアのことを、「情報共有システム」と呼んでいます。


こうした事を実現させるためのソフトウェアは、現在たくさん販売されています。
そのなかには、Webサーバー上で動かすことが出来るソフトウェアがあります。
そのソフトウェアは「Webアプリケーション」と呼ばれています。


Webアプリケーションを使用するメリットはいくつもあります。
しかし、何と言っても「簡単に使える」というメリットが一番大きいでしょう。
操作自体も簡単なうえ、メンテナンスに関しても楽にできます。


費用の面においても安いので、利用するメリットとしてはたくさんあります。


また、Webアプリケーションをサーバー1台にインストールするだけで、その下にLANで繋がっているクライアント全部で利用する事が出来るようになります。
そのクライアントがたとえ1000台あったとしても、サーバー1台にインストールするだけで済んでしまいます。
インストール後、パソコンは利用可能になります。


このように、Webアプリケーションを使うことで効率的な環境が整い、メンテナンスも1台行えば良いので、とても経済的と言って良いでしょう。

この記事のカテゴリーは「イントラネットの構築方法」です。

イントラネットを導入する際に必要な基本的な構築方法をはじめ、Webサーバーやクライアントの設定などを、分かりやすく説明しています。

関連記事

WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法

社内にイントラネットを導入する際、まずはイントラネットを構築する必要があります。 イントラネットはインターネットと同じシステムを利用して、社内で構築していきます。 企業内という狭いエリアの中で、情報伝...

社内の情報共有システムをスムーズに

社内通信を効率化するためにイントラネットを導入する際、まずはWebサーバーやクライアントの設定など、イントラネットができる環境を作らなければなりません。 イントラネットが出来る環境が整ったら、今度は「...

ファイアウォール設置のすすめ

インターネットの技術を利用して、社内でネットワークを行うことを「イントラネット」と言い表します。 イントラネットのintraは「内部の」、netは「ネットワーク」ということで、「内部のネットワーク」の...

Webサービスの利用法

「Webサービス」は、イントラネットでのサービスになりますが、元々はインターネット上に表示されているホームページを活用することが少なくありません。 それと同じ仕組みで、イントラネット上にWebサーバー...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト