社内情報の共有システムとして最適【社内で活かすイントラネットの使い方(2)】

Top >  社内で活かすイントラネットの使い方(2) >  社内情報の共有システムとして最適

社内情報の共有システムとして最適

会社内のネットワークとして利用されているイントラネットは、組織内において手軽に情報共有が出来る仕組みのため、今では必要不可欠な存在となっています。


イントラネットを導入すると、社内文書を社内で同時に、しかも簡単に共有することができます。
共有できる文書とはどういうものかと言うと、例えば
・社員に周知しておく必要がある文書、通達しておく必要がある文書
・各種フォームのひな型
・業務マニュアル
・色々なやり方の資料
・何か製品がある場合は、そのパンフレット


ほかにも様々な使い道が考えられます。


今までの既存のワープロ文書に関しては、主要なテキストなどはHTML形式で整備されます。
それを整理・変換することで、イントラネットを利用できるのです。


また、社内文書を共有させていく事によって、迅速な処理も期待できます。


例えば、文書の量が多ければ多い程、整理して1ヶ所に置く事で、多数の人が共有して見る事によって、文書が乱雑にならないように、お互いが気をつけるようになってきます。
改定の頻度が高い文書は1ヶ所に置いておいて、その都度そこからコピーして使っていくようにすると、高い効果が得られるでしょう。


さらに、検索機能を盛り込む事で、メリットもたくさん感じられます。


例えば、今までは各部署などで社内報を回覧していた場合など、イントラネットを利用することでコピーをしない様になります。
コスト面においても、だいぶ削減できるようになります。


このように、イントラネットを導入する事で、社内効果を実現させる事が出来るでしょう。
そのためにも、手軽に出来るイントラネットはとても重宝するシステムと言えます。

この記事のカテゴリーは「社内で活かすイントラネットの使い方(2)」です。

社内情報システムの基盤ともなるチームワークの強化やデータベース化など、利便性を図って導入したイントラネットをいかに使いこなしていくか、そのアドバイスを提唱しています。

関連記事

カギを握るソフトウェア製品

社内情報システムの基盤として「イントラネット」の存在は、ほとんどの企業に浸透していると思われます。 メールで資料が送られてきた場合、リアルタイムに見られる事とは別にして、イントラネットにすると文書や資...

グループウェアにおける主なメリット

イントラネットをするとき、「グループウェア」を利用することになるでしょう。 このグループウェアは、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 【生産性の向上】 今やパソコンは、一家に1台以上は持っ...

ファイルサーバー導入後のメリット

普段、企業で使われているパソコンのOSといえば、WindowsかMacを使っている所が多いと思います。 ビジネスでは、Windowsを使用している企業の方が多いかもしれません。 WindowsかMac...

社内情報の共有システムとして最適

会社内のネットワークとして利用されているイントラネットは、組織内において手軽に情報共有が出来る仕組みのため、今では必要不可欠な存在となっています。 イントラネットを導入すると、社内文書を社内で同時に、...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト