カギを握るソフトウェア製品【社内で活かすイントラネットの使い方(2)】

Top >  社内で活かすイントラネットの使い方(2) >  カギを握るソフトウェア製品

カギを握るソフトウェア製品

社内情報システムの基盤として「イントラネット」の存在は、ほとんどの企業に浸透していると思われます。


メールで資料が送られてきた場合、リアルタイムに見られる事とは別にして、イントラネットにすると文書や資料などの書類は、自分達で最新情報を取りに行かないと収集できません。


イントラネットでは、いつでも最新の情報が置かれていますが、自分で見に行かないと自分のものにはなりません。
いくらイントラネットが導入されていても、利用しなければ全く情報を得られない状況になります。


アメリカなど先進国においての産業は、コンピュータを導入する事によって、事務処理の効率化、低コスト化を課題として進めてきましたが、イントラネットが普及するにつれて、質そのものも向上してきたようです。
そのために、国際競争力もアップしてきているでしょう。


現段階において、イントラネットの重要な課題点としては、ソフトウェアやアプリケーションなどに依存していると事が挙げられます。


情報に関しては、上質で正確な情報をどのくらい早く知ることができるかが、今後のカギとなりそうです。


プログラマーが何ヶ月もかけてプログラムを作って発信する場合もありますが、個人でWebを作って発信する場合もあります。


今後は、簡単にWEB上でも発信出来るように、イントラネットにおいてもソフトウェア製品が、重要なカギとなることは間違いありません。

この記事のカテゴリーは「社内で活かすイントラネットの使い方(2)」です。

社内情報システムの基盤ともなるチームワークの強化やデータベース化など、利便性を図って導入したイントラネットをいかに使いこなしていくか、そのアドバイスを提唱しています。

関連記事

カギを握るソフトウェア製品

社内情報システムの基盤として「イントラネット」の存在は、ほとんどの企業に浸透していると思われます。 メールで資料が送られてきた場合、リアルタイムに見られる事とは別にして、イントラネットにすると文書や資...

グループウェアにおける主なメリット

イントラネットをするとき、「グループウェア」を利用することになるでしょう。 このグループウェアは、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。 【生産性の向上】 今やパソコンは、一家に1台以上は持っ...

ファイルサーバー導入後のメリット

普段、企業で使われているパソコンのOSといえば、WindowsかMacを使っている所が多いと思います。 ビジネスでは、Windowsを使用している企業の方が多いかもしれません。 WindowsかMac...

社内情報の共有システムとして最適

会社内のネットワークとして利用されているイントラネットは、組織内において手軽に情報共有が出来る仕組みのため、今では必要不可欠な存在となっています。 イントラネットを導入すると、社内文書を社内で同時に、...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト