ファイアウォール設置のすすめ【イントラネットの構築方法】

Top >  イントラネットの構築方法 >  ファイアウォール設置のすすめ

ファイアウォール設置のすすめ

インターネットの技術を利用して、社内でネットワークを行うことを「イントラネット」と言い表します。


イントラネットのintraは「内部の」、netは「ネットワーク」ということで、「内部のネットワーク」の意味で作られた造語になります。


インターネットが普及してきている現代社会において、インターネットの技術を企業内でも取り入れる事で、費用も低額で抑える事が出来ます。
また、ネットワークサービスも高度なものが使用できるようになります。


イントラネットを導入する事で、企業内での情報提供は制限付きで共有が可能になります。


インターネットとイントラネットのアクセスが、とてもスムーズに行えるのも魅力のひとつですが、インターネットからアクセスが自由に出来てしまうと、社内情報が漏れてしまう心配も出てきます。


情報が漏れないようにするためにも、イントラネットの入口付近にファイアウォールを設けることをおすすめします。
インターネットからは、アクセスが制限されるようにする事も出来ます。


ほかに「VPN」という機能もあります。
VPNでは、内部の機密情報は厳守して、外からイントラネットにリモートアクセスできる仕組みになっています。


ファイアウォールについてですが、イントラネットのネットワークが、インターネットにIP接続されているのですが、その接続に対して安全性を考慮して、アクセス制限機能を設ける装置になります。


サーバーにしているパソコンはインターネットに接続されているので、自由にアクセスが可能です。
自由にアクセスができるということは、ネットワーク上のセキュリティが低下してしまうことにもつながります。
そのセキュリティを確保するためにも、アクセス制限が必要になってくるわけです。

この記事のカテゴリーは「イントラネットの構築方法」です。

イントラネットを導入する際に必要な基本的な構築方法をはじめ、Webサーバーやクライアントの設定などを、分かりやすく説明しています。

関連記事

WebサーバーとLANケーブルの関係と使用法

社内にイントラネットを導入する際、まずはイントラネットを構築する必要があります。 イントラネットはインターネットと同じシステムを利用して、社内で構築していきます。 企業内という狭いエリアの中で、情報伝...

社内の情報共有システムをスムーズに

社内通信を効率化するためにイントラネットを導入する際、まずはWebサーバーやクライアントの設定など、イントラネットができる環境を作らなければなりません。 イントラネットが出来る環境が整ったら、今度は「...

ファイアウォール設置のすすめ

インターネットの技術を利用して、社内でネットワークを行うことを「イントラネット」と言い表します。 イントラネットのintraは「内部の」、netは「ネットワーク」ということで、「内部のネットワーク」の...

Webサービスの利用法

「Webサービス」は、イントラネットでのサービスになりますが、元々はインターネット上に表示されているホームページを活用することが少なくありません。 それと同じ仕組みで、イントラネット上にWebサーバー...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト