社内の情報伝達を円滑に【社内で活かすイントラネットの使い方】

Top >  社内で活かすイントラネットの使い方 >  社内の情報伝達を円滑に

社内の情報伝達を円滑に

イントラネットの仕組みを、社内やローカルな範囲内で構築することによって、下記のようなことも可能になります。


・社内で情報伝達を行う際に、一斉に送る事が出来るため、情報が遅れることはなくなります。
・同じ書類を修正したりと手を加えたとしても、何が最新版か分かるように、自動的に整理してくれます。
・書類を整理する事が出来るので、行方不明にならずに済みます。
・情報を一斉に送るため、洩れることなく正確に伝達する事が可能です。


以上のようなことが、自分達でできるようにシステムを構築するのが、「イントラネット構築」というものです。


イントラネット構築は、設定も難しそうだし、高額な費用がかかるイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
しかし、イメージとは逆で、イントラネットの構築の費用はそれほど掛からずにシステムを構築することができます。
だからこそ、イントラネットを早くから導入している企業が多いともいえます。


しかし、イントラネットの構築だけでは、情報の共有はまだできません。
構築の後に、情報共有システムのようななツールを稼働させます。
それを稼働させて、ようやく情報の共有が可能な環境が整うのです。


イントラネットの構築は、前述通り費用はそんなにかかりませんが、構築するまでの手間が多少掛かってきます。
したがって、構築するための知識は必要になるのですが、コスト削減には確実に反映します。


コスト削減のため、また社内での作業の効率化を図るためにも、是非イントラネットを導入してより働きやすい環境作りを目指しましょう。


イントラネットを構築して運用するまでの流れは、運用方法によって違います。
その内容を、簡単に挙げてみましょう。


・イントラネットの構築で、LANの構築をしたり、Webサーバーの設定を行ったりします。
・情報共有システムに何を使うか決定をし、その構築を行います。
・構築したすべての物を運用します。

この記事のカテゴリーは「社内で活かすイントラネットの使い方」です。

社内にイントラネットを導入した際、利便性だけではなくトラブル時の対処法や、セキュリティの必要性など、基本的なアドバイスをしています。

関連記事

社内の情報伝達を円滑に

イントラネットの仕組みを、社内やローカルな範囲内で構築することによって、下記のようなことも可能になります。 ・社内で情報伝達を行う際に、一斉に送る事が出来るため、情報が遅れることはなくなります。 ・同...

知識が豊富な人材をキーマンにする

社内の情報伝達を円滑にするために、イントラネットを導入して構築したり、情報共有システムをセットアップして環境を整えたところで、誰もイントラネットを利用しないのであれば全く意味がありませんよね。 今まで...

イントラネットサーバーの説明と機能

皆さんは、「イントラネットサーバー」という言葉をご存知ですか? イントラネットサーバーを簡単に説明すると、インターネットサーバーにおける技術を利用して、それを応用して出来たサーバーということになります...

ネット導入の際の留意点

イントラネットを導入する際、メリットばかり重視していると、留意しなければならない点を見過ごしてしまう可能性があります。 導入後に、「失敗した」「考えてなかった」などと、後悔しないように注意しましょう。...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト