イントラネットの語源と使い方【イントラネットとは?】

Top >  イントラネットとは? >  イントラネットの語源と使い方

イントラネットの語源と使い方

イントラネットの語源は、イントラ(intra-)の「○○の内部の」と言う意味の接頭語から来ています。
加えて、インターネットの技術をプラスして構築されている「ローカルネットワーク」、もしくは「LAN(ローカルエリアネットワーク)」の事を指しています。


通常LANというものは、独自のプロトコルを持って、それぞれ構築しています。
インターネットは、TCP/IPプロトコルを標準として構築しています。


そのインターネットで使われているTCP/IPプロトコルを、「構内ネット」と言うローカルな所に採用する事によって、簡単にネットワークに接続することで、情報交換も可能になります。
つまり、インターネットで使われているソフトウェアが利用できるようになるわけです。


イントラネットをもう少し分かりやすく説明すると、「会社内で従業員だけが利用可能なインターネット」と言う感じです。


イントラネットを利用すると、他にもいろいろなサービスを使う事ができます。


【電子メール】
通常は、インターネットを介して外部の人達と電子メールの交換をしますが、イントラネットを利用すると、内部の人達と簡単に電子メールの交換が出来る環境になります。
また、外部からIDを利用するとアクセスできますので、メールのチェックや送信も行うことができます。


【オンライン会議】
現在のイントラネットの技術を使う事により、「インターネットエクスプローラー」と言った、通常使用されるWebブラウザでオンライン会議を行う事ができるようになります。
これにより、費用を抑えるメリットも得られます。

この記事のカテゴリーは「イントラネットとは?」です。

「イントラネット」という言葉はよく耳にするけど、具体的なシステムが分からないという方におすすめの、基本情報を掲載しています。

関連記事

イントラネットとインターネットの相違点

皆さんの中には、「イントラネット」という言葉は知らなくても、イントラネットを利用している人が沢山いらっしゃると思います。 では、イントラネットとは、一体どういうものなのでしょうか? イントラネットを簡...

イントラネットの語源と使い方

イントラネットの語源は、イントラ(intra-)の「○○の内部の」と言う意味の接頭語から来ています。 加えて、インターネットの技術をプラスして構築されている「ローカルネットワーク」、もしくは「LAN(...

TCP/IP2つのプロトコルについて

皆さんは、パソコン用語の中で「イントラネット」という言葉を耳にしたことはありませんか? イントラネットとはインターネットの仕組みのひとつで、会社に導入されているLANに組み込んで構築したネットワークの...



イントラネットとは?

イントラネットの構築方法

イントラネットの特性

セキュリティ強化をイントラネットにも

社内で活かすイントラネットの使い方

社内で活かすイントラネットの使い方(2)

イントラネットの利便性と関連知識


オンラインゲーム


関連サイト